版画家&ジュエリーアーティストSatico ONOが、
作品、アート、音楽などについてノンビリ綴ります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
シルクスクリーン教室を開きました♪
版画の講師をしている武蔵野美術学園で、
「シルクスクリーンでTシャツを作ろう!」という、
こども対象の版画教室を開きました♪
 
アタクシ、現在は銅版画とかジュエリーとかやっておりますが、
大学での専攻はシルクスクリーンだったのでした。
4メートルを超える作品なぞも作っていたのでした。



こんな感じ。デカッ!


シルクスクリーンで一番メジャーなのは、アンディウォーホールの作品かな。
キャンベルスープやマリリンモンローのカラフルな肖像画をご覧になったことがあると思います。
 

親子合わせて34人参加ということで、
センセーであるワタクシのキャパをオーバーした感がございましたが(^^ゞ
お父さんお母さんにも手伝ってもらいながら、みんなでオリジナルTシャツを刷りました



よいしょ!


こどもの絵はオモシロイ。
特に小学生低学年ぐらいまではどの子も天才。
彼らに話を聞くと、構図とか線の太さとか全体のバランスのことを考えて描いているのがわかる。




3歳の男の子の作品。
先生とお呼びしてもよろしいでしょうか・・・。




5歳の女の子の作品。
POP!着たい!

 

出来上がったTシャツを手に皆さんニコニコしていたのがなによりうれしかったです。
ご参加いただいた皆さんありがとうございました♪
 

子供向けの教室とはいえ、美大のシルクスクリーンの設備を使用しますのでかなり本格的です。
仕上がりもよくて好評でしたので、また開催できればいいなと思っています。
その時はこちらでも事前告知いたします(^v^)

 
オノ家作品展の展示風景
すっかりご無沙汰しています。おげんきですか?

春の陽気に浮かれて薄手の上着で出かけ、
思わぬ夜の冷え込みに何度も痛い目にあっています。
ついに風邪までひいたりして、、、
春とのお付き合いはなかなか難しいです。


3月に開催したオノ家(父ノブアキ・娘サチコ)作品展の展示風景をご報告です。
1か月半しか経っていないのに、なんだか遠い出来事みたいな感じ。
サラリと振り返りつつ、親孝行記録として残しておこうかしら(^u^)



ギャラリー外観。奥にはカフェもあってのんびりできます。


父のJAZZシリーズとsaticoの抽象画
意外としっくりくる。即興音楽と抽象は相性がいいみたい。





広いギャラリーでしたので、ここぞとばかりに大きい作品を並べました。



父ノブアキ作「イスタンブール」



ギャラリーから外を見てみる。
昼間は光が差し込み、夜はギャラリーから光が溢れていました。


ONOジュエリーもね♪
足を止めてガラス越しにジュエリーを眺める方、
時には中に入ってじっくり見てくださる方もいらっしゃいました。


お越しくださった皆様、ありがとうございました。
ゆっくりお話できて楽しい時間を過ごしました。
またお会いできる日を心待ちにしております。

Satico

 
銅版画講座をひらきます♪
武蔵野美術学園というムサビが運営しているアートスクールで
3月9日に銅版画講座を開きます♪
6時間ビッチリ作業をして、一枚の銅版画を仕上げます。



銅版画は銅の板にとがった鉄筆で絵を描いて(溝を刻んで)できた凹んだ部分に、
インクを詰めてプレス機で強い圧をかけて紙に絵を刷りとります。
(木版画は凸の部分に絵の具をのせてバレンでスリスリしますね)

版を介した表現なので思いもよらない効果があったり、
思い通りにいかないことがあったりと、
直接キャンバスに絵を描くのとは違った面白さがあります。
強い圧力で紙に生じる版のプレス跡も銅版画ならではの味わいです。



「絵を描く人のための」というタイトルの講座でハードル上がっていますが、
絵の経験がなくても全然平気!
銅版画に興味がある方、何か描きたいなと思っている方、
ぜひご参加ください。
ワタクシの版画の知識と経験を総動員して、
充実した講座にしたいと思っています。
そして銅版画の面白さを皆さんと一緒に分かち合えたら嬉しいです♪

申込方法など、詳しくは武蔵野美術学園のウェブサイトをごらんくださいませ。
どうぞよろしくお願いします。

::::::::::::::::::::::::

*絵を描く人のための銅版画講座*
講師:小野佐知子
開催日時:3月9日(日)10:00〜17:00(昼休み1時間)
■場所:武蔵野美術学園(吉祥寺駅から徒歩15分)
受講料:10,000円 材料費:2,000円
申込み締切日:2月28日(金) 
■用意するもの:エプロン、筆記用具、12×18cmの下絵
■申込方法:こちらから

::::::::::::::::::::::::
 
ONO版画の常設展示・販売がはじまりました
毎日ガッツリ暑いですね!
お元気ですか?

私はオリンピック観戦で、国内で勝手に時差ボケしてました。
終わっちゃってサミシイナ・・・


さて、嬉しいお知らせです(^◇^)
南青山にあるインテリアコーディネートショップ『FAITH』で、
ONO版画の常設展示・販売させていただいてます。

『FAITH』は、インテリアコーディネートやリフォームを手掛ける会社で、
南青山ショップでは、輸入壁紙やカーテン、照明、家具等を展示しています。
場所はこちら(外苑のイチョウ並木のそばです)。

インテリアやリフォームを検討されているお客様が、
こちらのショップに相談にいらっしゃるということで、
ONO版画もインテリアのひとつとして選択肢に入れていただけたら嬉しいなと、
リビングに映える大きな作品から、卓上チビ版画まで、
それぞれの空間に合う作品をピックアップして展示してます。


こちらリビング



グリーンと呼応する作品を。「韻をふむ」



柱にも掛けてしまいましょう♪ 「石のモビール」




お手洗いには壁紙のオレンジに合わせた作品。「それは昔のこと」




カーテンのサンプルがかかる棚には、チビ版画ズラリ。



後ろの棚にも並んでます。「考える街」

(他にも何点か展示しています)


版画はオンラインでの販売もなく、
個展の際にしかお披露目できない状況でしたので、
いつでも作品を見ていただける環境が出来てとても嬉しいです(^v^)


「壁がさみしいから何か作品を掛けたいなぁ」

「引っ越し祝いに版画をプレゼントしたい♪」

「結婚式の引き出物にチビ版画、アリかも・・・」

「ラッキーカラーの版画を飾って運気アップしたい↑」

ONOウェブサイトで紹介されている版画の実物を見たい!」

などなどなど、ONO版画にご興味のある方、
ぜひお立ち寄りくださいませ(^O^)/

その際ちょっぴりお手数なのですが、

『FAITH 南青山店』に「行きますよ」とお電話していただくか
 03-5786-2786

または

ONOまでご連絡くださいませ。mail@saticoono.com

お時間が合えば一緒に伺って、ワタクシが作品の説明をいたしますし、
展示していない作品に関してはファイル(小品であれば実物)でご案内いたします♪

版画を部屋に飾る際のイメージがわきやすい、とても素敵な空間です。
お立ち寄りいただけると嬉しいです。

スリスリ
暑い日あり肌寒い日あり、気まぐれお天気が続いてますね。

おげんきですか?
ONOは元気です♪
おかげさまでプクプクしています(^u^)


先日、版画すりすり刷りました。

こちら1版で2色を刷る作品。
まず線の部分に黒いインクを詰めたあと、
バックの部分にローラーでピンクやブルーをゴロリとのせます。





水分を吸わせて繊維を柔らかくした版画紙を版の上にのせ、
プレス機で強い圧をかけて刷っていきます。
こちら電動銅版プレス機。
大きいです。重いです。





そして、ドキドキワクワクしながらゆっくり紙をめくると、、、





うん!きれいに刷れました♪





この、紙をめくる瞬間がなんといっても版画の醍醐味です。

「お!イイっ!!いいね〜!」
という時もあれば、

「・・・。」
「・・・・・・・。」
と言葉も出ないくらいへこむような刷りになってたりもします。

版を介して絵を作っていくので、
刷りあがりに自分が意図していない面白い効果があると
「ラッキー!」と思いますが、
偶然ばかりに頼っていると表現が弱くなるので、
ビシッと狙うところと偶然のバランスを大切にしています。

なかなかうまくならないけど、やっぱり版画は面白い(^v^)
ただ描いてみる

走る前のストレッチや、
ピアノの練習曲みたいに、
絵を描く人にも準備の時間が必要な時があります。

誰かに見せるためでなく、何かを表現するということも忘れて、
ただ手を動かしてツラツラ描いてみる。
作品にしたいという下心を捨てると、意外と面白い形がでてきたりして。

集中力のエンジンがかかるまで色々描き散らす。
今日はそんな午後を過ごしました。