版画家&ジュエリーアーティストSatico ONOが、
作品、アート、音楽などについてノンビリ綴ります。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏の伊勢丹イベント 今度は立川店です! | main | 秋のワークショップ ジュエリーいろいろ >>
久しぶり!ジュエリーワークショップ開催♪

秋になりました!

オシャレの準備はオーケー?

 

久しぶりのワークショップのお知らせです!

 

月に1日だけ、台東区入谷界隈のお店やスペース、アトリエなどが

”特別なおもてなし” をご用意し、街中を盛り上げるイベント「good day 入谷」のおもてなし企画として、

入谷にあるオシャレギャラリー、LUX DI CLASSE(ルクスディクラッセ)にて、

ジュエリーを作るワークショップを開催することになりました♪

 

「LUX DI CLASSE」は「光と影」をコンセプトとした照明をメインに、

インテリア商品を生み出しているデザインカンパニー「DI CLASSE」のギャラリーで、

DI CLASSEの照明がいくつも灯る、あかるい海の底にいるような空間です。

 

2013年のDI CLASSEとONOのコラボ展、それはそれは素敵でした・・・。

 

 

今回は「DI CLASSE」が秋に発表する北欧モチーフの照明とテーマを同じくした

「北欧モチーフのジュエリーをつくる」ワークショップです。

 

::::::::::::::::::

 

ONOジュエリーワークショップ 【 北欧モチーフのジュエリーをつくる】

ONOオリジナルの果実や樹木など北欧をイメージさせるかたちのシルバーパーツを

「ロウ付け」という技法で溶接して、ネックレスまたはピアス(イヤリング)、ピンブローチを作ります。

バーナーを使う本格的な作業ですが、初めての方でもコツをつかめば大丈夫♪

ご自分用に、大切な方へのプレゼントに、オリジナルデザインのジュエリーを一緒に作りませんか?

 

 

《ワークショップスケジュール》

10月7日(金) 13:00〜15:30

10月8日(土) 11:00〜13:30

10月8日(土) 14:30〜17:00

 

《作業の流れ》 作業時間は2時間程度です。

1. ONOオリジナルシルバーパーツ(8〜10種類)から好きなものを組み合わせてデザインを決める。

2. 耐熱台の上にパーツを並べて、バーナーを使ってロウ付けの作業。パーツ同士を溶接してくっつけていく。

3. 全て組み立てたら酸に浸けて表面にできた酸化膜を落とし、その後重曹で磨く。

4. 金属を研磨する機械を使いパーツを磨いて仕上げ。

5. ネックレスはチェーンを、ピアスは金具を取り付けて完成!

 

*「ロウ付け」とは*

地金(シルバー)よりも低い温度で溶ける「ロウ」とよばれる金属片を

バーナーで溶かして接合部分に流し込み、パーツ同士を接着させます。

はんだ付けと同じ仕組みです。

 

このような道具を使います。

 

*ワークショップ後、こだわりの豆で淹れたコーヒーと甘いものをご用意しております。

出来上がったジュエリーを見ながら皆さんとのお茶タイムも楽しみです。

 

《定員》

各回4名様

 

《参加費(材料費込)》

6500円(コーヒーとお菓子付き)

 

《講師》

オノ サチコ(ジュエリーアーティスト・版画家)

 

《参加申し込み方法》  

onoworkshop@gmail.com までご連絡ください。

ご予約の際に、

・お名前(お友達と一緒ならその方のお名前も)

・ご希望の日時: 銑からお選びください。

・作りたいアイテム:ネックレス、ピアス(イヤリング) またはピンブローチの中からお選びください。

 

折り返し予約状況など詳細をご連絡いたします。

ご参加お待ちしております。

 

《開催場所》

LUX DI CLASSE (ルクス ディクラッセ ライティングギャラリー&ショップ)

台東区入谷1-10-11日比谷線入谷駅から徒歩5分

アクセスはこちらをご覧ください

 

 

 

 

以前、植物をテーマにしたワークショップで参加者の皆さんが作ったジュエリーです。

 

 

::::::::::::::::::

 

2階のショップではDI CLASSEの照明を購入できます。

また、会期中11:00〜19:00はギャラリーにてONOのジュエリーほぼ全シリーズを展示販売しております。

ワークショップに参加されなくても入場無料でご覧いただけますので、

こちらもどうぞお楽しみください。

 

 

一緒にジュエリーを作る時間を楽しみにしております。

どうぞご参加ください♪

 

 

 

Satico

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://note.saticoono.com/trackback/102
TRACKBACK