版画家&ジュエリーアーティストSatico ONOが、
作品、アート、音楽などについてノンビリ綴ります。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オデカケコレクション@monova gallery に参加します☆ | main | あの、伊勢丹と三越で! >>
「とにかく、好き」が原動力
 これ、絶対観に行こう。と久しぶりに思った映画。
「ビル・カニンガム&ニューヨーク」



ニューヨーク・タイムズ紙でファッションコラムON THE STREET」を長年連載している、84歳の写真家ビル・カニンガムさんを追ったドキュメンタリーです。

トレードマークの青い上着を着て、自転車でマンハッタンを駆け回り、
昼間はストリートで、夜はパーティ会場で、これは!と思ったファッションを撮影。
ファッションが面白ければ撮る(セレブだから撮るということは、ない)。


撮り終わったらニューヨーク・タイムズの編集部で、
写真選びと紙面のレイアウト(オペレーターに毒っけたっぷりの冗談を言いながら)。
とても84歳とは思えないほどの情熱で、
日々ファッションを追いかけているビル。

笑顔が素敵でユーモアがあって、とにかくチャーミングな人。
ファッションについて語る時、目が子供みたいにキラキラと輝く。
お爺さんの顔に少年の瞳が付いててなんだか不思議。
フランスで勲章をもらうぐらいすごい人なのに全然偉ぶらない。
質素な生活をし、ただただ好きなファッションを頑固に誠実に追い求めている。

自分の好きなことをして生きたいって思っても、なかなか簡単にはいかない世の中。
余計なものを削ぎ落としシンプルに生きているビルを眩しく感じました。


ビルにまつわる人々のインタビューが秀逸。







ユニークでカラフルで、それぞれにドキュメンタリーが一本撮れそうなキャラの皆さま。
ドラッグクイーンがビルについて語ったときは思わず涙がこぼれました。


ニューヨークにもファッションにも写真にも興味無くても
(興味ある人はもちろん)ぜひ観て欲しい!

初心を思い出させてくれる映画です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

純粋に好きなものを追い求めているといえば、この2人も素晴らしい。
「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」


ごく普通の市民であるハーブとドロシー夫妻が、
40年にわたってコレクションした莫大な数のアートを、
全米50州の各美術館に50点ずつ寄贈するプロジェクトを記録したドキュメンタリー。

(ん?最近、老人が主役のドキュメンタリーばっかり観てる??)
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK